発毛・育毛・頭皮環境・抜け毛対策すべてに食べ物が重要
Home » 髪に悪い食べ物 » 髪に悪い影響を及ぼす危険性のある食べ物

髪に悪い影響を及ぼす危険性のある食べ物

髪に悪い食べ物

髪に悪い影響を及ぼす危険性のある食べ物
食べているものによって私たちの体は作られていますので、体に良い物を食べれば健康状態も改善して美容にも嬉しい効果がもたらされると期待できます。
一方で体に悪い物を食べてしまうと、それが健康状態や髪の毛の状態を悪化させてしまうことにもなりかねません。

髪の発育を阻害するような食べ物や飲み物にもいろいろな種類がありますが、塩分の多い食べ物がその一つになります。
塩分を摂りすぎることによって内臓機能に大きな負担をかけてしまいます。
その影響で代謝が鈍ってしまったり、冷えが悪化してしまうため頭皮への血流が悪くなってしまうのです。
その結果頭皮に十分な栄養が届きにくくなってしまって、髪の毛の発育にも悪い影響が出てきてしまい、抜け毛、薄毛が進行してしまいます。
常に濃い目の味付けを好んで食べている方は、薄味にするように心がける、調味料を使わないで食べるようにするなどして塩分を減らす努力をする必要があります。

糖分の多い食べ物も、髪の毛の健康を阻害する要因になります。
糖分を多く摂りすぎてしまうことによって、皮脂が過剰に分泌されるようになってしまいます。
その結果頭皮の毛穴を詰まらせてしまって、髪の毛の成長を邪魔してしまうようになるのです。
甘い物の食べすぎ、飲み過ぎには十分な注意が必要になります。

動物性脂肪を多く含む食品も、髪の毛の成長に悪影響を及ぼす危険性が高いのです。
糖分と同じように動物性の脂肪を摂りすぎてしまうと、皮脂が過剰に分泌されるようになってしまいます。
その影響でフケが大量に発生してしまったり、皮脂が毛穴を塞いでしまって毛根の健康状態を悪化させて薄毛や抜け毛を進行させてしまうのです。
動物性脂肪は肉類やバター、チーズや卵といった食品に多く含まれていますので、食べすぎないように注意してください。

アルコールの取りすぎも薄毛や抜け毛を進行させる原因になります。
アルコールを大量に摂取すると、それを解毒しようと肝臓に大きな負担がかかるようになってしまいます。
肝臓に負担がかかると髪の毛の主成分であるたんぱく質を作ることが難しくなるため、薄毛や抜け毛が起こりやすくなるのです。