発毛・育毛・頭皮環境・抜け毛対策すべてに食べ物が重要
Home » 髪にいい食べ物 » 髪の健康状態を食べ物で改善する

髪の健康状態を食べ物で改善する

髪にいい食べ物

髪の健康状態を食べ物で改善する
薄毛や抜け毛、ツヤ不足、といった髪の毛に関連するトラブルは食べ物によって改善が期待できます。
基本的にはバランスよく食べることが重要になりますが、意識してしっかりと摂りたい栄養を抑えて食事に取り入れるように努めてみましょう。

髪の毛の主成分はたんぱく質ですから、しっかりとたんぱく質を摂るように心がけましょう。
髪の毛の主成分の9割はケラチンというたんぱく質で構成されており、それが不足してしまうと髪の毛がスカスカになってしまったり、ツヤが失われてしまったりするのです。
このケラチンを構成しているアミノ酸なのですが、体内で合成することができないため食べ物から摂取するしか方法がありません。
そのため食事で十分なたんぱく質が取れないと、髪の毛がやせ細っていくのです。

さらにはたんぱく質が不足することによって、髪の毛がやせ細るだけではなく髪の毛に色をつけてくれている色素細胞の働きも低下してしまうのです。
その結果白髪が増えやすくなってしまいます。
白髪が増えると一気に老けた印象を与えてしまいますので、薄毛や抜け毛がそれに加わるとますます髪の毛の見た目年齢を大きく引き上げてしまうことになるでしょう。

オメガ脂肪酸も髪の健康状態を改善するのに必要な栄養素の一つになります。
髪の毛の生えてくる元になる毛幹を作る、頭皮の細胞膜を形成する、頭皮や髪の毛に適度な潤いを与えてくれるのに働いてくれる栄養素になります。
オメガ脂肪酸は植物性のオイルに含まれており、オリーブオイルやえごま油、アマニ油などが有名です。
またサンマやアジ、イワシといった青魚にもオメガ脂肪酸が含まれていますので積極的に食べるようにしましょう。
青魚にはたんぱく質も含まれていますので、たんぱく質とオメガ脂肪酸を同時に摂取することができます。

各種ビタミン類も積極的に摂りましょう。
美は効果などで有名なビタミンCですが、コラーゲンの生成に欠かせない成分です。
髪の毛を強く丈夫にするのもコラーゲンの働きが必要であるため、薄毛や抜け毛の改善に働いてくれます。